葬儀のマナー

葬儀のための服装の着方

葬儀のための服装の着方の写真

葬儀や法要に参列する際には、ある程度のマナーがあります。大事なのは故人を心から偲ぶ気持ちで参列することなので、華美なものでなければカジュアルな服装でも構いません。本来、喪服は遺族が喪中であることを示すために着るものです。そのため、参列者に喪服の着用は必須ではありません。遺族ではなく友人や仕事関係者であれば、カジュアルな服装でも問題ありません。

喪服が用意されている場合はそれを着用するのが一番無難ですが、私服で参列するのはマナーに反しているということではありませんのでご安心ください。家族や親族、故人と親しい人だけが参列できる家族葬でも、喪主も参列者も黒の正装が基本です。

男性はダブルかシングルの黒のスーツを着用し、女性は黒の無地か控えめに織られたワンピースやアンサンブル、光沢や透明感のない素材のスーツを着用します。通夜に出席する場合は、男性は黒のフォーマルな服装、濃いグレーまたは紺色のスーツ、白のシャツを着用する必要があります。ネクタイと靴下も黒でなければなりません。女性は、黒、グレー、または紺色のスーツやドレスを着用する必要があります。飾り付けは控えめにしましょう。子供は学校の制服を着用する必要があります。

制服がない場合は、白いシャツやブラウスと黒、紺、またはグレーのパンツやスカートを着用してください。喪服を着る場合は、遺族の目に触れないように正装で出席するのがベストです。葬儀や告別式に参列する場合は、男性は黒のスーツに白のシャツを着用します。ネクタイ、靴下、靴は黒にしましょう。女性は黒のスーツやワンピースを着用します。ストッキングは黒か肌色のものを選びます。靴やバッグは黒で、真珠や結婚指輪以外の宝石類は身につけず、肌を露出しないようにしましょう。子どもは制服を着用します。制服がない場合は、白いシャツやブラウス、黒、紺、グレーの無地のズボンやスカートを着用する。