葬儀のマナー

葬儀に招待された場合

葬儀に招待された場合の写真

一般的な葬儀の習慣では、死亡や葬儀の連絡が入ったらすぐに葬儀に参列するのがマナーとされています。また、家族からの申し出があってから葬儀に参列するのがマナーとされています。

家族の葬儀には、連絡があった場合や招待された場合以外は出席を控えるようにしましょう。招待された場合は、できるだけ早く葬儀に出席するようにしましょう。葬儀やお通夜と違い、法要は招待制なので、招待されたら出席するのがマナーです。法要の準備をするためには、事前に何人が参加するのかを把握しておく必要がありますので、招待状が届いたらすぐに返信するようにしましょう。

出席できない場合は、お悔やみ状にお供え物(香典)を添えて簡易書留で送るか、お花や果物のお供え物を送りましょう。欠席の理由を書くときは、「結婚式のため」などの具体的な理由ではなく、「やむを得ない事情により」「やむを得ない事情により」と書きましょう。法要の日取りが当初の予定と重なる場合もありますが、特別な事情がない限り欠席は避けた方が良いでしょう。

特に、故人が亡くなって間もない頃に法要に招かれた場合は、故人へのお悔やみだけでなく、遺族への温かい励ましの言葉をかけられるように、できるだけ出席するようにしましょう。もちろん、本当に深刻な状況であれば、この限りではありません。しかし、これまでお世話になった方への不在を表現する際には、細心の注意を払って言葉を選ばなければなりません。