葬儀のマナー

世話人として依頼された場合

世話人として依頼された場合の写真

世話人とは、葬儀で喪主を手助けしたり、葬儀全般の世話をする人のことです。

お葬式では、決めなければならないことや、やらなければならないことがたくさんあります。世話人の役割は、葬儀全体に関わり、喪主の負担を軽減することです。世話人がどれだけのことをしなければならないかは、葬儀によって異なります。葬儀屋と遺族(喪主)との間の仲介役となり、金銭面での交渉まで行う場合もあります。また、世話役が中心となり、会計係や設営係、受付係などに仕事を任せるケースもあります。遺族から世話役や弔辞を頼まれた場合は、快く引き受けましょう。いずれの場合も、遺族の信頼が大切です。

故人との思い出を思い浮かべながら、心を込めてお世話をしましょう。世話役を依頼された場合、仕事を引き受けるのがマナーです。遺族から世話人の仕事を頼まれた場合は、その仕事を引き受けるのがマナーです。世話人の仕事内容に不安がある場合は、葬儀社や親族に相談してみましょう。以下に代表的な世話人の役割を列挙しますが、葬儀の規模によっては他にも多くの役割があります。

世話人の役割一覧

葬儀は故人とのお別れの大切な儀式ですので、開始時間の15分前までには到着するようにしましょう。

葬儀社との打ち合わせに出席して、大きさを決めましょう。

供花などの手配をします。

弔辞を読み上げてもらいたい場合は、弔辞を書いてくれる人を選びます。

必要に応じて、議事の打ち合わせをします。

必要に応じて、葬儀の招待状を手配します。

通夜

神父さんに挨拶をする

僧侶に挨拶をして、通夜の開始と葬儀の開始を告げます。

必要に応じて、翌日の葬儀・告別式に向けて軽く準備をしておきましょう。

お通夜・告別式の流れ

神父さんなどに挨拶をする。

火葬場への同行者を確認する。

必要に応じて、式の前と式中に挨拶をする。

火葬場までエスコートする。