葬儀のマナー

葬儀マナーの概要の写真

葬儀マナーの概要

知ってそうで意外と知らないこと、それが葬儀のマナーや知識ですよね。ここでは、いざという時に途方に暮れることのないように、知っておくべき知識を解説します。満足のいく葬儀を行うために、事前にチェックしておきたい項目をご紹介します。

通夜・葬儀の形式は、仏教、神道、キリスト教など、通夜・葬儀を行う宗教が決まっています。日本では約9割の葬儀が仏教式で行われていますが、故人が自分のスタイルで葬儀をしたいと希望していた場合は、故人の希望を尊重することが大切です。最近では、故人とゆっくりとお別れができるように、家族や親族、友人など、故人と親しかった人たちだけで行う葬儀がほとんどです。

葬儀に招待する範囲や人数は、故人の家族があらかじめ決めておくことができます。家族葬の連絡は、電話や死亡通知の電話で行うのが一般的です。死亡の知らせはできるだけ早く伝えるようにしましょう。家族葬の日程と場所は、葬儀社との打ち合わせを経て発表されます。葬儀社との打ち合わせを経て家族葬の日程や場所が決まったら、再度参列者に連絡をしましょう。最近では、メールやFAXで招待状を送るのが一般的です。その際に、香典や花の供養を辞退したい場合は、その旨も伝えておきましょう。

一方、喪主や遺族にとって最も大切なマナーは、葬儀に参列できなかった人への対応や気遣いです。家族葬への出席を控えてもらいたい場合は、その旨を明確に伝えるようにしましょう。ここではっきりと伝えないと、相手は混乱してしまいます。失礼にならないように、辞退の理由も含めて伝えましょう。故人や遺族の意向に沿って近親者のみで葬儀を行うことを明記しておけば、相手も納得してくれると思います。

参列者のマナーについてですが、家族葬に出席するためにどこまで連絡を取るかは、故人や遺族の意向によって決まりますので、故人や遺族の意向を尊重し、招待されていない場合は出席を控えるのが常識です。

葬儀のことなら何でもお任せできる葬儀社があります。中野区での葬儀ならグランドセレモニーがおすすめです。