葬儀のマナー

法要に出席する際のマナー

法要に出席する際のマナーの写真

法要に招かれた場合、経験が少ないと何をしたらいいのか、何をしてはいけないのか混乱してしまうことがあります。

地域や地域の習慣の違いから、一つの正解はないかもしれません。もちろん、慣習に従った方が良いのは間違いありませんが、要するにマナーは誠意の表れです。その出発点である誠意がなければ、マナーが正しくても人は不快に感じてしまいます。だからこそ、故人の冥福を祈り、遺族の悲しみに共感する気持ちを忘れず、その気持ちに基づいた言動をしていれば、細かいことを気にせずに行動することができ、大きな問題になることはありません。

また、今回ご紹介した一般的なマナーの知識を活かして、双方が穏やかに仏事を進めることができるように、誠意を持って行動していただきたいと思います。さて、法要に参列する際には、普段の服装とは全く異なる服装が必要になりますし、お供え物や持ち物の整理も必要になってきます。遅くとも20分前には会場に到着するようにしましょう。

会場に到着したら、司会者に「お招きいただきありがとうございます」と挨拶をしましょう。会場に到着したら、司会者に「お招きいただきありがとうございます、一緒にお供えしたいと思います」と声をかけ、「仏前にお供えください」と声をかけ、線香やお供え物を渡しましょう。遅刻したり、法要が終わる前に部屋を出たりしないようにしましょう。法要当日は、司式の僧侶の挨拶から半日ほどで終了します。法要では、僧侶が読経を始めた後に焼香をします。焼香は、故人との関係が深い順に、当主から順に家族単位で行います。